Wild Fancy

ただのおばちゃんの愚癡中心なブログです。
アーモンドチョコ10粒の報い

 

ある時、チョコが好きなパパのためにと、コストコでアーモンドチョコを買いました。

コストコですから大量です。

で、10粒ほど出しておいたんですが、誰も食べない・・・

仕方がないので、何かしながら(これがイケナイ!)自分でつまんでいたら、いつの間にか完食・・・

 

その夜--------

 

寝る用意をしていたら、急に腹痛が!

ギリギリと差し込むような痛みで、しばらくするとおさまり、また痛み出し----のくり返し。

変なリズムで痛むので、どうしようかなと思っていると、だんだん「グエ〜ッ!」と声が出るほどの痛みに。

夜中やし、救急車もたいそうやし、でも、はやりのアニサキスで胃に穴でも開いたら大変やし・・・

と、痛みに耐えながら悩みまくり、結局、朝の6時頃に救急車を呼ぶはめに。

 

自分で準備をして、外に出て待って、救急車に乗り込みました。

救急隊の人はたぶん元気やがなと思ったでしょう。

でも、救急車の中でもグエっ!という痛みを繰り返し、仮病でないことを示す(笑)

 

病院で「何か食べましたか?」と聞かれたけど、魚しか思い浮かばなかったのでそう言うと、胃痙攣ということで、すぐに点滴。

薬が入るやいなや、嘘のように痛みがおさまりました。

お薬をもらい、人がほとんどいない病院からタクシーで帰宅。

ちなみに先生は私好みの冷たそうな銀縁眼鏡君で、ちょっと嬉しかったです(笑)

 

あとでネットで調べてみたら、どうやら「ナッツ」が胃痙攣を起こすことがあるんですね!

アーモンドチョコが犯人なんて、思ってもみなかったのでビックリでした。(でも、食べ過ぎやろ)

皆さん、お気をつけ下さい。

 

 

0
    | エスツェット | 最近こんな感じ | 01:49 | comments(0) | - |
    ひとり「東映まんがまつり」

     

    Amazonで見かけて、懐かしさのあまり大人買い。

    10連休の間にゆっくり見ようと思っていたのに、結局1本も見れませんでした(涙)

     

    東映まんがまつり

     

    たしか、小学校の講堂で見た記憶があります。

    「安寿と厨子王丸」だったかなぁ…。

    そういえば、昔は「体育館」ではなく「講堂」でしたね。

     

    「少年ジャックと魔法使い」が一番好きだったので、ちょっと見てみたのですが、「えー!こんなだったのかー。いやはや、子供だったからなぁ〜」とか一人でテレながら、結局30分くらい夢中で見ました(笑)

     

    1時間20分ほどとはいえ、なかなかまとまった時間がとれなくて、またまた「買ってみただけ」になるかもしれませんが、弟に見せたら、えらく懐かしがっていたので、そのうち、おっさんとおばはんで一緒に見るかも。

    でも、「安寿と厨子王丸」だけは、もう一度見る気になれないです、可哀そうで。

     

    (※映画は「観る」が正しいのかもしれませんが、なんかしっくりこないので「見る」にしました。)

     

     

    0
      | エスツェット | 最近こんな感じ | 01:59 | comments(0) | - |
      もう二度と

       

       子供が死んで嘆き悲しむ母親が、お釈迦様に「この子を生き返らせて下さい」と、すがるように言いました。すると、お釈迦様は「わかった。それでは、今まで一度も死者を出したことのない家から芥子の種をもらって来なさい。そうすれば、その子を生き返らせる薬を作ってあげよう」と、おっしゃいました。母親は町中を回りましたが、死者を出したことのない家など一軒もありませんでした。母親は、愛する者を失う悲しみを誰もが心に秘めながら生きているのだと悟り、出家してお釈迦様の弟子になったということです。

       

       入院していた父が亡くなり、以前に聞いてから心にずっと残っていたこのお話のことを考えました。

      お釈迦様は「励まし」の名人なのですね。特別な超能力を使うのではなく、相手に対する真心から出る真剣な励ましが、苦しむ人々を救うのだと知りました。

       

       父は入院してすぐ熱を出し、骨折からくる発熱の可能性もあるし、インフル大流行の中だったこともあり、結局熱は下がらず、一ヶ月後に亡くなりました。以前、持病の検査入院中だったご近所の高齢のご主人が、うちの両親が見舞いに行った翌日に突然亡くなられたことがありました。検査入院ですから、それまで普通にすごされていて、ご家族もまさか亡くなるとは思ってもみなかったご様子。見舞った両親も「昨日はお元気そうだったのに」と驚いていました。入院は仕方のないことですが、やりきれない思いも残ります。

       

       亡くなってからの1〜2ヶ月は、どう過ごしていたのか覚えていないほど。なにしろ、自分が中心になって親の葬式を出すのは初めてですから。(皆さん、そうですよね。)ネットがあるので、分からないことが調べられて、その点では助かりましたが、色んな手続きが想像以上に大変でした。今もまだ残っているものがあります。

       

       家の中の片付けはほとんど手につきません。父が使っていた物を見たり手に取ったりすると、涙が出そうになるんです。若い時はほんとうに仲の悪い親子だったので、親が死んで泣くなんてありえないと思っていました。それが、ここ十年くらい、何故かお互い人が変わったように仲良くなり、最近は介護の必要なパパが可愛くて仕方なかったです。人間て面白いですね。こんなに家族が仲良く、楽しく暮らせていいんだろうかと、いつも思うほどでした。母親を早くに亡くした子供時代は戦争を経験。苦労もいっぱいあったと思いますし、おまけに娘はこの調子(笑)。車椅子のお世話にもなって、最後はちょっとしんどい思いもしたけれど、パパの人生は大勝利だったと思います。

       

       

      0
        | エスツェット | 介護 | 02:22 | comments(2) | - |
        入院

         

        夕べ深夜2時ごろ、パパが寝ているのを確認して二階へあがり寝ようとすると、下で「ガタン!」という音。

        (あっ!!)と思って、慌てて降りて行くと、パパがベッドの横に倒れていました。

        杖を握って。

        声をかけると返事はするけど、身体が動かせない。

         

        ここ数カ月の間で5回目の転倒。

        昼間は車椅子なのに、夜中になると一人で歩いてトイレに行こうとするので、どうしようもない。

        早く見守りカメラでもつけておけば良かったと、今さら悔やんでも仕方ない。

        1回目は救急車、2回目はヘルパーさん、3回目はちょうど仕事から帰ってきていた弟、4回目もヘルパーさんにそれぞれ助けてもらって事なきを得ましたが、今回も私では起こせないので、先月から契約したばかりの訪問看護センターの年中無休の緊急連絡で看護士さんにきて頂きました。

        ところが、頭と腰を打っていて痛くて体が動かせないので救急車を呼んだ方がいいと言われ、救急車を要請。

        搬送先の病院でみてもらったところ、大腿骨骨折・・・

        (あ〜ぁ、また入院や・・・)

        もともと交通事故で大腿骨複雑骨折し、それがもとで車椅子生活になったのに、同じところをまたまたバキッ!と。

        整形外科の先生は「一刻も早く手術しないと、歩けなくなる」とおっしゃいますが、もう今もほとんど歩けないんですよね。

        てことは、手術すれば歩けるようになる??

         

        今日(正確には昨日)は一日大変で、本当に疲れました。

        なのに、めったに書かないブログ書いてる私・・・

        明日も朝から行かないといけないので、とりあえず寝ます、おやすみなさい。

         

         

        0
          | エスツェット | 介護 | 02:03 | comments(2) | - |
          還暦過ぎの新米主婦

           

          -------えっ!? 主婦って--- 

          ま、まさか、け・・・け・・・けっこ(ブチっ!ツーツーツー…)

           

          そんなこと思ってしまったあなた、ご心配は無用です(意味わからん)

           

          何をかくそう私は筋金入りの独身(意味…)

          けっこう長い人生を好き勝手に生きてきたようです。

          「ようです」というのは、自分ではまったくの好き勝手し放大とは思っていないですが、人から見れば、特に両親からみれば好き勝手そのものに見えるのだろうと自覚はしているからです。

           

          そんな自分中心の生活が突然終わりを告げました。

          父は以前から脚が悪く、母と2人で半介護状態の父の面倒を見てきたのですが、元気だった母が5月に背中を痛め動けなくなったのです。

          例の高齢女性によくある圧迫骨折というやつでした。

          今まで2回入院してそのたびに体が弱り、背中が少しずつ曲がってきていたのが今回はひどく、ほぼ一日中寝たきり状態に。

           

          そうなると、どうなるか?

          今まで母と割り勘で二分の一の父の介護だったのが、両親2人分を一人で看るので負担が一気に4倍に!

          そして、母が今までしてきた「家事」と、両親2人の「介護」と、今まで通り自分の「仕事」・・・

          その3つを一人でこなさなければならなくなってしまった、ということです。

           

          それでも、少し前に「世の中で最も過酷な仕事=育児」

          と、ネットで話題になっていた「育児」がないだけまだましかも。

          今後も育児に追われる心配だけはありません(自信)

           

          ある日突然の主婦生活突入で自分の時間はまったくなくなり、最初の頃は両親に食事をさせて自分は食べるのを忘れるということがけっこうありました。

          あっと言う間に5キロ痩せましたが、その後はしっかり体重維持(残念!まだまだ余裕のヨッちゃん♪)

          「5キロやせた」と言ったら、「あんまり分かれへんね(笑)」とか言われるし。

          (笑)だけ余計だと思うんですが、皆さま、どう思われますかっ?!

           

          そんなこんなで、また従来通りただのグチになりそうですが、そろそろどこかで吐き出したくなったので、ここで吐き出すことにしました。

          自分の健康と頭の整理のためですので、ボチボチやっていきたいと思います。

          もともとパソコンを使うことが少なくなっていたし、ネットもスマホでちょっとのぞく程度。

          パソコン腐ってないかとても心配でしたが、なんとか無事なようですので、あちこちに作り散らかしているサイトやブログも何とか整理し、この機会に色々すっきりさせたいと思っています。

           

          それと、ここのブログタイトルも、そろそろ変えようかなぁと思案中。

          「Wild Fancy(妄想)」

          何の考えもなくつけたタイトルで、怪しいところと間違えていらっしゃる方たちもいたりするし、もっと健全なのに変えた方がいいかも。

          何しろ、内容はとても健全ですからね ;-)

          投稿記事のタイトルだけは30以上スマホに入ってますが、更新頻度はかなり少ない予想。

          せめて週1くらいは目指したい。

          でも、今までの実績(?)から考えると、どうなることやら・・・

           

           

          0
            | エスツェット | 家事 | 20:48 | comments(2) | - |
            あちゃ〜〜〜!

            いきなりこんな話題でナンですが、先日いつもの病院に行って検査を受けました。

            尿検査、血液検査、レントゲン。

            最初の尿検査で紙コップを受け取り、いざトイレへ上向き

            ところが、なんと!コップに入れるのを忘れてしまったんですーーーー唖然汗

            ちょっと我慢気味だったから、トイレに入って安心してしまったのかも(笑)

            トイレはかなり近いけど、もう一度は無理(泣)

            どうしようか焦った末、あまりにもかっこ悪いので、検査受付の人に「すみません、出ないんですー」と嘘をつくハメに。

            だって「忘れました」って言えば、認○症の検査も受けさせられたかも。

            いやいや、人生何が起こるか分かりません。

             

            0
              | エスツェット | 最近こんな感じ | 23:45 | comments(8) | - |
              一部お引越し

              旧ブログから、現在連載中(?)の記事だけ移しました。

              コメントも一緒に移したのですが、日付が今日になっています。

              カイさん、勝手に申し訳ありません。

               

              0
                | エスツェット | ネット | 23:23 | comments(2) | - |
                リンク集

                取りあえず、リンク集を引っぱってきました。

                数年更新されていないところは外しましたが、更新が始まったらまた貼らせていただきます。

                まず自分ちが更新できてませんが…たらーっ

                 

                0
                  | エスツェット | ネット | 22:46 | comments(0) | - |
                  引っ越しました・・・が

                  某BLOGari終了につき、こちらに移って参りました。

                  BLOGariでは11年間お世話になり、過去記事もこちらにカッコよくインポート!とかしたかったのですが、なんか無理そうだしがく〜、ちょうど節目ともいえるので、思い切って新しい気持で始めることにします。

                  最近は年に数回という更新頻度で休眠中ともいえる状態ですが、またボチボチ愚癡中心に書いていきますので、よろしくお願いします。

                   

                  0
                    | エスツェット | ネット | 00:06 | comments(4) | - |
                    還暦おばちゃん(おばあちゃん?)の脱ペーパー!な日々(3)

                    で、初日の教習は「これ、どんだけ時間かかるんやろか?ひょっとして、一から免許取りなおすくらい時間もお金もかかるかも?ひやひや汗
                    という感じで、途方にくれてしまいました。
                    ああ、やっぱり「嫌い」とか言わずに、少しでも運転しておけばよかった----と後悔しても後の祭。
                    まわりでは「運転なんか慣れやよ、慣れ」と皆さんが口をそろえておっしゃる。
                    でも、慣れるなんてほど遠い…

                     

                    二日目の教習では何を習ったのか、今となっては思い出せないのですが、エンジンだけはかけられるようになっていました(笑)
                    教習所内をひたすら右左折しながら何度も何度もクルクルまわる練習をしたんだと思います。
                    昔、免許を取ったとき「視線を遠く」というのが不思議で、何で近くを見るとふらつき、視線を先にやるとちゃんと走れるのか理解できなかったのですが、今はもう走れたらそんなことどうでもいいです。
                    ぜいたくは言いませんという心境(笑)
                    でも、初日よりはほんの少しだけ走れるようになったようでした。

                     

                    三日目、S字・クランク がく〜
                    S字はどうにか無事に通れたが、クランクで失敗。
                    道幅が異様に狭く感じて「こんな所あります?」と聞くと、「こんな所も通れない人は車を運転してはいけません」とのお言葉。
                    なんだか分からないけど、すごく納得してしまいました。
                    ヘタだからと甘えた根性ではいけないですね。

                     

                    車幅感覚が無いに等しいので、白線を引いた停車位置でタイヤの位置を教えてもらい、その時は分かったような気がしたのに、実は正直これが今も一番の悩みの種です。
                    対向車線の車が怖くて、最初どうしても左に寄ってしまっていて、その後、初めて家の車を運転して近くのスーパーに行ったとき、駐車場に入る通路で左のミラーを柱に「カーン!」とぶつけてしまい、助手席のパパに恐怖の叫びを上げさせてしましました。
                    幸いミラーは少し傷がついただけで無事でしたが。

                     

                    その日もアタフタと終了し、さあ、また次の予約をしようと受付に行くと、受付の女の人の口から出た言葉が「もういいですか?」
                    (はぁ?何がいいの?)と一瞬わけがわからずも、こちらの口から出た言葉は「いいです」…

                     

                    えーーーーっ!!!なにこれ?!
                    まさか、もう来るなってこと?!
                    下手すぎて見込みなし?!
                    それとも、普通はペーパー教習ってこのくらいで終わるってこと?
                    私に関しては「もう上手になりました」ってのは絶対ない!絶対!

                     

                    -----えっと-----

                     

                    でも「いいです」と言っちゃったので、仕方なくそのまま帰宅しました。

                    (絶対続く)

                     

                    0
                      | エスツェット | | 01:15 | comments(2) | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + LINKS
                      + The Hooters
                      オフィシャルサイト
                      + PROFILE
                      + MOBILE
                      qrcode